英語が話せない。。自分たちがどういう教育で育っているのか認識していますか??

スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク

こんにちは!

 

ふなです。

 

最近のニュースでこんな記事がありました。

 

京都の教師のTOEICの点数がひどい!?

サービス終了のお知らせ - NAVER まとめ
NAVERまとめ サービス終了のお知らせ

 

英語で飯を食っている英語の教師が、TOEICの点数が280点。

 

別にTOEICは筆記とリスニングだけですので、TOEICの点数が高いからといって英語ができるという訳ではありません。

 

またこの教師のことを『けしからん!やっぱり日本の教育は最悪だ!!』

 

と批判をしたいわけでもありません。

 

 

大切なことは、この記事を見て、『私たちは大なり小なりこういう教育の下で育っているんだ』と危機意識を持つことだと思います。

 

自分の受けていた教育は、全く無駄になるかもしれない!?

 

自分が当たり前に受けていた教育が、実は全く世間では通用しないこと。

 

自分の立ち位置を知ることは大事です。

 

事実、英語においては、私たちは、中学、高校と学んでいるはずなのに、英語を話せる人はほとんどいません。

 

周りもみんな話せないので、なんかそれが当たり前であるような感覚になっていますが、それって異常なことですよね。

 

文法や単語だって、社会に出て、使わなかったら、忘れていく。

 

私たちが6年間せっかく学んだ英語は、何も意識していなかったら、無駄になってしまうということです。

 

これってめっちゃもったいなくないですか?

 

プラスアルファを求められる時代

 

だから意識する事が大切なんだと思います。

 

意識するために、自分と違う文化のコミュニティーに入ってみる。

 

『あっ自分って英語話せないことが普通だと思っていたけど、そっちが異常なんだ』

 

そうやって自分の位置を認識することが大事なんだと思います。

 

最初は、そのギャップが苦痛になるかもしれない。

 

だって今まで自分が生きていた過去を否定するわけですからね。

 

でも変化成長をしたいと思うのなら、その苦痛や葛藤は乗り越えないといけません。

 

まあ偉そうなことをいいつつ、私もまだまだ英語を勉強中の身。

 

地味こつで学んでいこうと思います。

 

なかなか成果が見えにくいのが、英語の勉強の一番のネックですねー(笑)