国家公務員から民間企業に転職した経験から、役所勤めが残業なくて楽な仕事か激務なのか語ります

スポンサーリンク
人気のある記事!
スポンサーリンク

公務員というと楽、残業がない。福利厚生が完璧など社会的にはいい身分とされている職業ではありますが、実際のところどうなのでしょうか。

今日は公務員を三年間経験した筆者が実情を話していきたいと思います。

結論からいうと、絶対公務員の方が楽です(笑)

有給取得、終身雇用、金融機関からの信用など、民間企業よりも、恵まれているところ。

後は、ノルマがないところ、若手には責任のかかりにくいところなどが民間企業と比べて楽な部分、恵まれている部分ではないでしょうか。

民間企業は数字を達成していなければ、ボーナスカットですが、公務員は毎年上がり続けます。

また公務員の仕事って、担当は決まっているものの細かなことでも決裁をし、係長、課長と冗長の承認を得た上で行うので、若手が大きなミスをしたからといって責任を問われることはありません

そら上司には怒られるかもしれんけど(笑)、

「いやでも、あなたが承認しましたよね?」と制度的に言える訳です。

ですので、もう最初から結論にはなってしまうですが、公務員の方が楽というのは、間違いないと思います。

ただネットを見ていると、結構現状と違うことも書かれていて、公務員=楽!みたいに短絡的な記事が多いのも事実です。

その情報を鵜呑みにして、公務員に就職される方がいたら気の毒なので、今回は、嫌なところを注目して公務員の実情について、書いていきたいと思います!

これから公務員に就職したいという方には参考にしていただけたらと思います。

※ここでの公務員というのは、自分の経験と周りの公務員の話を総合して書いているので、一概に全て当てはまっている訳ではありません。

公務員と民間はどちらが楽なのか。公務員の実態をまず話します!

まず最初に多くの人が、公務員=楽というイメージを持っているのは、市役所の窓口の様子からだと思います。

地域にもよるけど、本当に暇そうですもんね(笑)

特に地方は。まあ国家の出先機関の地方局も暇やけど(笑)

地方局だとホントに旅行雑誌ばっかり見てる上司もいるみたいですよ(笑)それはそれで暇すぎてきつそうやけど(笑)

まあ最近はそういうのも見直されていて、市役所の窓口業務を民間委託にしてるところも多いです。

法務局も窓口業務は民間企業ですしね。

だから今から公務員を目指す人は窓口業務はすることはないかもしれません。

窓口以外の市役所の部署はざっとこんな感じ。

政策経営部企画政策課、経営改革室、秘書課、広報課、広聴課
総務部総務課、法制課、職員課、市政情報課、情報システム課、工事品質課
財務部財政課、市有財産活用課、営繕課、契約課、市民税課、資産税課、納税課
防災安全部防災課、市民生活安全課
市民部市民総務課、市民協働推進課、市民課、
文化スポーツ振興部文化振興課、スポーツ振興課、オリンピック・パラリンピック等国際大会推進課、国際版画美術館
地域福祉部福祉総務課、指導監査課、生活援護課、障がい福祉課、ひかり療育園
いきいき生活部いきいき総務課、保険年金課、高齢者福祉課、介護保険課
保健所保健総務課、健康推進課、保健予防課、生活衛生課
子ども生活部子ども総務課、児童青少年課、保育・幼稚園課、子育て推進課、子ども家庭支援センター、子ども発達支援課、青少年センター
経済観光部産業政策課、観光まちづくり課、農業振興課
環境資源部環境政策課、環境・自然共生課、環境保全課、循環型施設整備課、資源循環課、3R推進課
道路部道路政策課、道路整備課、道路管理課、道路維持課
都市づくり部都市政策課、土地利用調整課、交通事業推進課、地区街づくり課、住宅課、建築開発審査課、公園緑地課
下水道部下水道総務課、下水道整備課、下水道管理課、水再生センター
会計課

市によって多少部署は違うでしょうか概ねどこの市も一緒です。これを2,3年ローテで40年間ぐるぐる回る訳で、中には激務な部署も存在します。

有名なのは、生活保護の認可をを担当する福祉部(ケースワーカー)。

俺の大学の友人もケースワーカーとして、大阪市のとある市役所に就職しましたが、去年仕事中に突然ぶっ倒れて、20日ほど休職していました。残業中に突然吐いて倒れたみたいです。人間って頑張りすぎたら吐くみたいですよ。

余談ですがその倒れた友達は結構合理主義な奴で心理学とか、嫌いなやつやったんですけども、休職中は、心理学の本とか自己啓発の本ばっか読んで、心のケアしてました。人間変わるもんですね(笑)

生活保護を受ける人のなかには、家庭の事情等やむを得ない方もいるのですが、ヤクザ絡みの方とか怒鳴り散らして来る輩もきますからね。大阪でいうと、西成は特にメンタル養成所として、ヤバイみたいです(笑)

ていうか、公共機関全般に言えることで、どっかぶっ飛んでる奴に出くわす率高いと思います。

法務局も不動産屋や土地家屋調査士、司法書士がよくくるんですが、ぼくのイメージでは。。

・不動産屋=輩

・土地家屋調査士=柄悪い職人

・司法書士=インテリやくざ

です(笑)

この中で一番たち悪いのは、司法書士です。

普段は物腰柔らかですが、何かトラブルが起こった際には、執拗なまでに攻めてきます(笑)

僕も一度トラブルにあったことがあってその時は連日のように司法書士が乗り込んできました。メンタルは鍛えられますね(笑)

ジェネラリストを求められる傾向

公務員は2年で大体異動があるのですが、僕の場合は係内での人事も考慮に入れると、半年ごとに、やる仕事は変わりました。

「やっと仕事を覚えた!」と思ったら、「また1から覚え直しか。。」

って感じです。

これが結構負担になりますね。

公務員全体で見ると、スペシャリストよりも、ジェネラリストを育成しようとしている傾向です

公務員というのは、細かく根拠法が定められており、仕事内容が変われば、また根拠法、省令、通達などを覚え直さないいけません。

だから仕事を覚えるまでは、自宅や通勤時間を利用して、勉強する時間が結構必要で、自分も異動した後しばらく言葉の意味すら分からない状態になるので、通勤中に本を読んで、勉強していました。

ぶっちゃけこれが時間の無駄(笑)

後は時間の無駄繋がりでいくと、行政文書の書き方。(行政文書というのは、政府が発出する文書全般のこと。)

行政文書の書き方は、文字の大きさや空白の大きさ、使える漢字など事細かに決まっていて。

「そんなんどうでも言いやんけ(笑)」と思っていても、

正しい行政文書を書かないと、決裁も出せませんので、仕事になりません。

上司から、「ここ空白が半角になっているよ。」という、

どうでもいい指摘で、仕事がストップします。そして残業が増えます(笑)

今考えるとそこが僕が公務員を辞めた一番の理由かもしれません。どうせ最長でも2年しか使わない知識を覚えるよりも普遍的なスキルを身につけたいなって思ったんですよね。

まあそこは割り切れる方であれば割り切って考えて下さい(笑)

年功序列の悪いところが出ており、年配の上司は昔ながらの体育会系のノリの人が多い。

ご存知のとおり、公務員の給与体系は、年功序列です。

だからあなたが仮に上司の倍の仕事量をこなしたとしても、あなたと上司の給与の差は微塵も埋まりません。(まあこれは民間も同じのとこ多いですね(笑))

近年、評価基準の見直しも実施されてはいますが、実質年功序列の制度はほとんど変わってないです。というか無駄に評価シートを書かせられるだけ作業が増えました。。

だからもし、あなたがとても熱意を思って仕事をされるのであれば、かなり理不尽に感じることもあると思います。

「何で仕事してないこの人よりおれの方が給料低いんだ??」

俺は、結構そういう気持ちなってましたね(笑)

また仕事できない癖に部下に威張りちらしてくるモンスター上司も民間企業より多いんすよね。特に歳を取るごとにその率は増えてきます。

公務員は基本辞めさせられることがないから、勘違いしてる人が多いすね(笑)

いまだに時代錯誤な価値観が残っている世界です。

僕が就職したばかりの時は、毎朝、誰よりも朝早くに来て、業務前に庁舎周りを掃除をして、机を拭いて、誰よりも残ってました。

上司からの飲み会の誘いは断るという選択肢がなかったです(笑)

僕は割と体育会系のノリもできたので何とかなりましたが、そういうノリが無理な人にとってはきついと思います。

昔ほど体育会系のノリを出すところは少なくなってきましたが、国家公務員の法務局ですらある訳ですから地方とかもっとひどいところもあると思います。

本当に公務員は高給なのでしょうか?

公務員って高給のイメージをもたれる方がいますが。。。どうでしょうか?

ちなみに僕の初任給は、地域手当込みで、18万円でした。手取りでいうたら、16万5000円くらいかな?

「あれだけ公務員試験の勉強頑張って、苦労して公務員になったのに18万円かよ。。」って最初はちょっとショックでした(笑)

手当は住宅手当は最大2万円まで。

地域手当は、大阪市でたしか13パーセント給料にプラスされます。

後は、通勤手当くらいですね。

ちなみに行政職の俸給表が下のリンクから見れます。

http://www.jinji.go.jp/kankoku/h17/pdf/h18.4houkyuhyou.pdf

この表さえあれば国家公務員の給料は丸分かりです(笑)

級と号俸さえ分かれば給料が分かるので、知り合いに国家公務員がいたら、ぜひ級と号俸聞いてみてください。多分すげー嫌がりますけど(笑)

昇給も昔は毎年上がっていしましたが、最近はどこかのタイミングでストップしている自治体が多いみたい。

法務局は40歳くらいまでは現状昇給ありますが、今後どうなっていくんでしょうね。

実際に働きたいところに見学しに行く

なんだか行っても一番手っ取り早いのは、働く前に、実際の職場を見に行くことです。

僕が言うのもなんですが、ネットの情報はいうてあてにならないので(笑)

僕も働く前には、堺市役所と法務局、国税は行きました。

窓口がある公共機関に関しては、職場を見に行ってみてください。これはネットの情報では絶対に感じられないことです。

多分窓口の人に「何だこいつ?」みたいな顔されますけど、そんなのは気にせずに(笑)多分その人と一生会うことはないので(笑)

国家公務員は激務で、全国転勤があるので厳しいと思っている方へ!出先機関は意外と残業少なくて楽かも!
n利「国家公務員は、激務だしなりたくないなー」「全国転勤もあるし国家一般職はやめとこかなー」と思っている方へ。意外にそうでもないですよ?(笑)なんか国家公務員=薄給、激務、全国転勤ってイメージを持たれる方もいますが、全ての機...

僕が公務員になる前に読んでた本

まとめの前にオススメの書籍紹介しときます。

裏技本です(笑)以外に小手先のテクニックで公務員試験点数取れます。特に文章理解と数的推理はかなり使えます。きりのいい数字の方が正解率高いとかね(笑)

まとめ

  • 公務員は民間企業より楽。

ただ嫌な点として、

  • ジェテラリストを求める傾向にある。
  • 体育会系のノリの上司が多い。
  • 給料は少ない。

というところですね。

まあ就職先はなんかしら良いところと悪いところ両方あるものなので、何を求めるかですね。

今回は公務員のいいところばかりを見て、就職すると、理想と現実のギャップが起こる可能性があるかなと思って、悪いところを中心に記事を書いてみました。

もちろん今日書いた内容は、全ての職場に当てはまることはないですが、全体の傾向としては、合っている所も多いと思います。

悪い面も考慮した上で、公務員を目指される方は、大丈夫だと思います。そういう人なら、なんとか乗り越えられますからね。

最後にフォローじゃないけども(笑)、公務員の仕事にももちろんやりがいはあります!

僕も窓口でお客さんの相談に真摯に答えたら、感謝されることはいっぱいありましたし、そんなときは、本当にやりがいを感じていました。

また僕は同期にも恵まれましたし、プライベートでもよく遊んでいました。今同い年くらいの公務員を目指す若い人は学歴があり、優秀な方も多いので、刺激を受けることも多かったです。

僕は自分のスキルアップとかを目指して転職をしましたが

結局正解かどうかは自分が決めることです。

みんなそれぞれ目的もステージも違いますしね。

僕は公務員を辞めましたが、別に公務員になることが間違っているとはまったく思いません

「公務員のメリット、デメリットを知った上で、それでも自分は公務員に就職したいんだ!」

という方にはぜひ公務員になって、活躍してほしいと思います!

これから目指す方に何か参考になれば良いなと思います。

最後に広告!(笑)

特性診断を無料で受験する

上のサイトで統計心理学にも基づいて無料で自分の特性を診断できます!よかったらやってみて下さい~

それでは!