筋トレは身体が作れるだけじゃない!!?筋トレを一年継続できて学んだこと。

スポンサーリンク
筋トレ
スポンサーリンク

こんにちはー

ふっきーです!

 

今日は僕が筋トレを1年経験して得たことについて書いていきたいと思います。

 

筋トレをすることで自分の理想の身体を手にすることはもちろん、それ以外にも得るものがありました。

 

今日は筋トレを通じて僕が手に入れた価値観だったり得たものを話していきたいと思います。

 

日本では筋トレ文化ってアメリカほど根付いていなくて、筋骨隆々とした男性(俗にいうゴリマッチョ)は女性受けすこぶる悪いという状況です。。

 

トレーニーとして非常に残念な状態ですので、

 

この記事を読んでくれて一人でも多くの人が筋トレを初めてほしいなと思ってます!

 

なんといっても筋トレをすることで理想の身体が作れる!

 

この上が写真が去年の僕は集大成です!(笑)

 

僕の最初の目標は腹筋を割ることだったのですが、無事達成することが出来ました。

 

身体が変われば、毎日の通勤の階段の登りおりも楽だし通勤身体の周りからもの評価も変わるので、今の自分に自信がないとか好きじゃないという人はまず筋トレから始めて欲しいなと思います。

 

ただ筋トレって不思議なもので目標達成すると次のステージに上がりたくなるもので、今は僕は、胸囲100cm目指してまた増量しています(笑)

 

僕が筋トレをする一番の理由はかっこいい身体になりたいからであって筋トレマニアにはなりたくありません。

 

僕の普段の筋トレメニューとかはこっちのFacebookページであげているので、一緒に筋トレしたい人はぜひ参加して下さい!

 

Facebookにログイン | Facebook
Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。

 

 

筋トレを継続することで成功体験を経験できる

 

筋トレって継続すれば絶対に結果は出るので、結果を出せば他のことにも波及していきます。

 

成功体験を積み重ねていくことで自分に自信がつき、筋トレ以外の仕事やプライベートにおいてもいい効果があると思います。

 

あとよく言われることで、筋トレをすることで、テストステロンという男性ホルモンの一種が分泌され、積極性が出るのも関係しているんでしょうね。

 

僕も実際筋トレである程度結果が出せたことで、自分に自信がつき、本業の営業でも物怖じせずお客さんと話しが出来るようになったり、後はブログについても結果を出したいと思って更新頻度が上がったりと他の事に波及しています。

 

経営者や個人投資家の人って身体鍛えている人多いですが、あれは健康のためだけでなく自分に自信をつけるためにやっている目的もあるんでしょうね。

 

地道にこつこつと行う習慣が身に付く。

筋トレはどんだけまじめに行っても目に見えて身体に変化が起こるのは、三ヶ月くらいたってからです。大抵の人はその間に辞めてしまうですが、本当にそれはもったいない!

 

僕も仕事をしながら週4回、胸,脚、背中、肩のトレーニングを始めてある程度身体が変わってきたなと感じたのは半年経ってからでした。

 

その最初の半年間って確かにしんどいんですが、そこを乗り切って一年続けることが出来たら成果は必ずでるので、是非根気良く続けて欲しいです。

 

よくビジネスで成功した人が毎日の積み重ねによってしか成功の道はないといいますが、それって筋トレも同じで、毎日の積み重ねしか身体を作ることは出来ません。

 

習慣は本当に偉大で身体作りを通じて、こつこつ毎日取り組む習慣を身につけた人は他のことでも結果が出ますよ。

 

まとめ

・まずなんといっても理想の身体が作れる。

 

・成功体験を積み重ね自分に自信がつく。

 

・継続し取り組む習慣を作れる。

 

結論を言うと、筋トレはやって損することがないのですべての人がやるべき!!

 

冒頭にも言ったようにまだまだ筋トレ文化というのは日本では育っていないですし、ジムなどでトレーニングしてる人を見ても間違ったトレーニングをしているが多くいます。

 

ジムとか行くと結構間違ったトレーニングしている人多いですからね。

 

いうて僕も最初筋トレをやり始めた頃は、ほとんど筋肉つけることが出来ませんでした。今だから分かりますが、フォームが間違ってたし、トレーニングの頻度も多くてオーバーワークでした。食事もPFCバランスとか考慮せず、全然栄養足りてない状態だったので、そら筋肉できるわけがありませんでした。

 

それって本当にもったいないので、フィットネス文化を広げるため、正しい筋トレ方法を広げるためにもこのブログでは定期的に筋トレ系の記事を書いていきたいと思います。

 

少なくとも「今日はどこの部位の日??」くらいの会話が友達同士で日常的になる日が来て欲しいなと思っています(笑)

 

それでは!