辛い状況が、自分の自信になる

スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク

こんにちは!

 

ふなです。

 

私は、高校生から大学生の間に空手をしていました。

 

計7年間。

 

そこで学んだことは、私の人生の様々な所で活かされています。

 

でも当時は、練習は厳しくて、先生も厳しいし、ずっと辞めたいと思っていました笑

 

試合をすればあざだらけになる、

 

練習は厳しい。

 

先生、先輩へ気を使うことは、正直最初は面倒くさかった(笑)

 

先生はすごい厳しくて、スリッパを揃えない。挨拶の声が小さいだけで、ボコボコにされました(笑)

 

学校教育では完全アウトですね(笑)

 

また大晦日も休みではなく、京都の山奥の寺で空手の練習がありました。

 

大雪の降る中の空手の練習。

 

手はかじかんで、靴は凍ってボロボロになる。練習の後は、寺のお坊さんのお経を2時間正座で聞く。そしてその後夜中は、寺の掃除。

 

寒空の中で雑巾を絞りながら、

 

『同級生のみんなは今頃紅白を見て楽しく過ごしているのに、なんで自分はこんなところにいるんだろう。』

 

『絶対将来こんな惨めな思いをしないところにいく。』

 

 

そんな決意をした16才でした。

 

 

そんな7年間に今では感謝することはできます。

 

私は頭もよくないですし、運動も才能はない。

 

でも忍耐力と人間関係。

 

この二つはこの7年間のおかげで負けない自信がつきました。

 

別に、この話をしたのは、同情を誘いたいからではありません。

 

読んでくれたあなたがもし、今辛い状況、にいるとしたら、きっといつかその時のことが、笑って話せるようになると伝えたかったんです。

 

辛い時は、どうしても視野が狭くなり、希望とか明るいものが見えないと思います。

 

でもどうか今辛くてもなんとか耐えてほしいと思います。

 

そのつらかった状況がきっと、自分の負けない自信に繋がるはずです。