自分を変えたい人、お金を稼ぎたい人はOUTPUTを繰り返していくしかない。

スポンサーリンク
人気のある記事!
スポンサーリンク

このブログではちょいちょいOUTPUTが大事って事は、よく言っていますが、改めてOUTPUTの大切さを書いてみようと思います。

 

そもそもOUTPUTってなんやねんっていうとは自分の考えを出すことです。

 

例えば友達に自分の知っていることを話すこともOUTPUTですし、自作の歌を歌うこと、絵を描くこと、小説を書くこと、営業をすることもOUTPUTですね。

 

 

こうやって書いてみると一見子どもでもできることばかりで簡単なことのように思いますが、自分で作り出すことって、やってみると案外難しいもんです。

 

そもそもなんでアウトプットすんの?

 

というかそもそもOUTPUTをしなさい!って学校も親もは教えてくれないので、重要性に気付いていない人がまだまだいますよね。

 

OUTPUTをなぜしなければいけないかというと、それは、自分の理想を実現するためです。

 

OUTPUTをしないと金を稼ぐことも、自分の好きな人と付き合うことも何もできません。

 

知っている人からは、当たり前の話ですが、世の中には発信者と受信者の二組が存在し、大多数は受信者と過ごし、一部の人たちだけが、発信者として成功をしています。

 

発信者というと、経営者やアーティスト、営業活動が必要な自営者。要は、お金を稼ぐ人たちですね。

 

かたや受信者はサラリーマン。サラリーマンは基本的には、会社の上司の指示通りのことをするコトでお金をもらいます。基本的に姿勢は受身なんですよね。

 

別にリーマンが悪いという訳ではありません。

 

サラリーマンでも今は普通に食えていますからね。

 

でも今後、人口知能の進歩や、グローバル化が進んだとき、言われたことをそのままやるサラリーマン思考の人間か、OUTPUTを繰り返し行い、自分を発信していく人達。どちらが世の中のニーズに合っているのでしょうか。

 

人それぞれライフスタイルは違うので、強制することはできません。

 

でも自分を変えたいとか、お金をもっと稼ぎたい。

 

という思いがある方は、OUTPUTの重要性はどこかのタイミングで気付くと思います。

 

 

OUTPUTの割合を増やしていく

 

皆さんは自分の生活を振り返ってみて、OUTPUTとINPUT、どちらの行動の割合が多いですか?

 

テレビを見たり、ゲームをしたり、本を読んだり、映画を見たり、YOUTUBEを見たりはINPUT。学校の勉強もINPUTです。

 

誰かがOUTPUTしたものをINPUTして過ごしている。こんなパターンの人がほとんどではないでしょうか。

 

でもINPUTしているだけの生活をずっと繰り返していては、何も変わりません。

 

もちろん変わりたくない人は今まで通り過ごしていけばいいですが。。

 

もし今の自分に納得がいっていない人はOUTPUTをしてください。

 

ブログを書くでもいいし。絵を描いてインターネットでUPするのもいいし、あまり仲良くない人に話しかけてみるのもいいし。方法は何でもいいです。

 

「自分は人見知りだから。」

「自分は文才がないからブログはちょっと。。」

とかはなしですよ(笑)

最初はみんな下手だし、失敗するのが当たり前ですから!

僕だって文章書くのは苦手だし、このブログは二年前くらいがやっていますが、最初は誰も見に来なかったんですから。

 

ありがちなのが、INPUTにはまるタイプ。

 

「自分はまだ勉強中の身なので、もっと本を読んで勉強します!」

 

こういうタイプの人は僕の経験上、5年後、10年後も同じことをしています。

 

世の中には、自分より頭がいい人なんて腐るほどいるので、自分の納得いくレベルになるまで勉強してからOUTPUTなんていってたら何時までもなにもできません。

 

 

理想は、OUTPUTをしながらINPUTをし続ける。

 

未完成のOUTPUTをし続けていけば自ずとスキルも身についていきますしね。

 

よくことわざなんかで、一番勉強になる方法は、本を読むことよりも人に教えることって言いますよね。あれって本当にそうですよね。

 

情けは人の為ならず。

 

あれは本当に格言です。

 

僕も最初ブログをやる前は、まず知識をつけないとと思ってずるずるブログ開設を引き延ばしていましたが、やってみたほうが早いとその時気付きました(笑)

 

まずはOUTPUTをしてみる。

 

これが最初の入り口です。

 

 

とは言ってもなんかしらネタがないと。。

 

とは言ってもまったくなの知識もない状態でブログを書いたり、人と話をしても全く面白くもないし、ネタは尽きます。

 

当たり前ですが必要最小限の知識を得る行為は必要で、本を読んだり、ネットで情報収集は常にしていかないといけません。

 

せっかくなんで僕のおススメのツールを紹介すると、楽天マガジンがおススメです。

 

楽天マガジンはテレビジョンや東洋経済、週刊ダイヤモンドなどのエンタメ誌、経済誌、スポーツ誌、計200ほどの雑誌が読めるデジタルメディアです。

 

月300円で、200種類の雑誌が読めるので、コスパは最強です(笑)

 

週刊ダイヤモンドは経済誌としては、読みやすくて勉強になりますが、紙媒体で買うと単体で800円くらいしますからね(笑)

 

そう思うと月300円の楽天マガジンは、週刊ダイヤモンド分でもうpayできています。

 

まだ登録していない人は、初月は無料キャンペーンもやっているようなので、一度登録してみて下さい=