個人型確定拠出年金iDeCoの加入要件が緩和! どんどん自立が求められますね。

スポンサーリンク
お金
スポンサーリンク

こんにちは!

ふなです。

 

2017年から、個人型確定拠出年金の対象が、広がり、主婦、民間企業でお勤めの方、公務員でも加入できるようになりました。

 

元々個人型確定拠出年金は、自営業の方など、厚生年金、共済年金に入っていない方が対象だったのですが、今回対象を拡大し、名前もiDeCoという名称がつけられました。

 

要は国民年金が今の20、30代は貰えない可能性もあるので、自分で積み立てて、老後に備えて下さいというものです。

 

 

私の職場でもiDeCoの案内がありましたが、反応、検討している人は0。

 

興味のない人、何とかなると思っている人が多いんですねー

 

このiDeCoの対象の拡大。

 

これは時代が変わっている一つの象徴でもあると思っています。

 

加入するか、どうかは皆さんの判断ですが、興味がないと無視していている人は、老後破産なんてことになるかもしれません。

 

 

ここのサイトがiDeCoについて分かりやすくかいています。

 

興味があれば読んでみてください。

【iDeCoとは?】個人型の確定拠出年金(iDeCo)の超基本 | お金の専門家FPが運営するお金、保険、投資の情報メディア|マイライフマネーオンライン
iDeCo(イデコ)とは、「個人型の確定拠出年金」のことで、2017年1月に改正・拡充されました。これで公務員や専業主婦、会社員、自営業など現役世代のほぼすべての人が、iDeCo、確定拠出年金に加入できるようになりました。【この記事の主な内容とポイント】 iDeCo(イデコ)とは? 個人型確定拠出年金のメリット・デ