【国家公務員】法務局の不動産登記部門について仕事内容を話していこうと思います。【抵当権抹消、相続登記】

スポンサーリンク
公務員
スポンサーリンク

今日は僕が勤めていた法務局の不動産登記の仕事内容について書いていきたいと思います!

 

大体法務局で働いてました!っていうと、「法務局って何するとこ??」って質問がくるので、今日は法務局ってどういう仕事をしているところなのかというのを紹介しようと思います!

 

まず最初に登記って言っても分からん人もおると思うので、登記の説明を簡単にすると、「この不動産は僕が所有しています!」って証明をしてくれるシステムとでも思って下さい。

 

全ての不動産には登記がなされていて、その不動産登記を見ると、誰が所有しているのか、どういう造りなのか、何平米あるのか。抵当権がついているのか(借金の担保となっているのか)かが分かります。法務局は登記の閲覧、登録ができる公共機関です。

 

でもほとんどのケースでは登記申請は司法書士に依頼することが多いので、実際に法務局に行って書類を揃えて提出することはないと思います。

 

だから法務局の知名度って低いんでしょうね(笑)

 

 

人によっては不動産を購入した際に行う建物表題登記、または相続登記だったらまだ個人でもできるので法務局に来る機会もあると思います。

 

 

これから官庁訪問を予定している人、単純に法務局の仕事に興味のある人(あんまおらんと思うけど(笑))はぜひ見て下さい!

 

 

不動産登記部門は権利部門と表示部門に分かれています。

 

不動産登記部門は法務局で一番メジャーな部署なので「法務局って何してるとこか??」って聞かれたらまず「不動産登記作るとこ!」って答えます。もうちょっとだけ掘り下げていくと

 

不動産登記部門は権利部門と表示部門に分かれています。権利部門は端的にいうと誰が所有者かということを申請するところで、表示部門は不動産の構造とか敷地面積などを申請する部門です。

 

権利部門は形式的な調査権限、表示部門が調査権限に裁量権が与えられていることが不動産登記法に書かれており、実務においても権利部門よりも表示部門の方が経験が必要と言われています。

新規採用はまず権利部門に配属となるケースが多いですね。

 

僕も最初は不動産登記部門の権利部門に配属になり一年後に表示部門に配属になりました。

 

不動産登記の趣旨の国民の財産の権利関係を保全することが趣旨のため、不動産登記のメインは権利部門となるので、今日は権利部門を中心に話をしたいと思います。

 

権利部門の業務内容について

 

権利部門は仕事内容は受付、調査、記載、校合とセクションに分かれています。下記で各セクションの仕事内容と僕の経験を交えて話します。

 

受付

受付業務はその名の通り、登記申請の受付で働く部署で、新人の登竜門と呼ばれる部署です。

 

 

まだ不動産登記の知識もない、もっと言うと社会人としての知識もない状態でお客さんとやり取りする部署なので初めて配属した時はめっちゃ緊張しました(笑)

 

 

ちなみに法務局は月初めが暇で月末が忙しくて受付は月末は大忙しです。

 

月初の三倍くらいはお客さんくるんちゃうんうんかな?

 

 

調査

一般の人、司法書士から申請書が正しく記載されているか、添付書類が正しく付けられているかチェックするという業務です。

 

文章にするとクソつまらなさそうな仕事に聞こえるかもしれませんが、調査業務は不動産業務の花形ともいわれる業務です。

 

ある上司から言われましたが昔は調査業務をするには10年勤めないとすることが出来なかったと言われる程格式高いというか専門性の高い業務だったみたいです。

 

よくすし屋はすし握るには下積みが10年必要だったと言われますが、あれとノリは一緒です。

 

多分ホリエモンがきいたらブチ切れますね(笑)

 

あっ今は調査業務は勤めて4ヶ月くらいですることができるので安心してくださいね(笑)

 

確かに調査業務は不動産登記の調査は、相続とか所有権移転でややこしい申請だと実務経験とか細かい関係法令の知識が必要ですが、申請の大多数を占める抵当権抹消とか簡単な所有権移転の申請だったら1週間程度で出来るようになると思います。

 

記載

 

記載業務は調査が終わった申請書を法務局の専用の端末に入力していく業務です。

 

記載業務はまず新人がする仕事で、僕も配属してすぐに記載業務をしたんですが、いうてパソコン版写経なんで、眠気半端ないです。

 

ただ記載業務は気をつけて下さい。誤字脱字があったら更正登記という作業をしなければいけないんですがそれがマジで面倒なんで注意が必要です。

 

ちなみに僕は半年間で5回更正登記を出しました(笑)

 

校合

 

校合は、登記官という役職を持った職員が行いますので若手はできません。

 

調査、記載、校合はそれぞれ違う人が行うもんなんですが、調査、記載で間違えがないかどうか校合でチェックします。

 

さっきも言いましたが僕は記載業務で誤字があり更正登記を出してしまったんですが、普通にスルーされる場合もあります(笑)

 

まとめ

・受付は月末忙しい!

 

・調査は不動産登記のメイン業務。

 

・記載はパソコン版写経。

 

・校合は適当。

 

いかがでしたでしょうか?

 

法務局って具体的にどんな仕事をしているか?法務局に入る前僕もネットで調べたりしてたんですが、どのサイトを見てもいまいち仕事内容が分からなかったので、今回実体験を交えて話をしました。

 

この記事が何かの参考になれば幸いです。

 

それでは!