非言語コミュニケーションが本心を伝えている

スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク

こんにちは!

ふなです。

 

あなたが嘘をつくときに気をつけてほしいことがあります。

 

コミュニケーションというと、会話による部分が大きな割合を占めていますが、

 

本心がでるのは非言語部分であることが多いです。

 

非言語部分とは、表情、しぐさ動作などです。

 

あなたも経験があると思いますが、彼女が作った手料理を食べたとき、

 

その手料理があまりにもまずかった時に

 

「うわっ、これめっちゃまずいな(笑)」

 

とは口が裂けても言えないはずです。

 

もし、「俺は言うよ」という方は素直に尊敬します(笑)

 

このとき口では「おいしいよ!」と嘘をついても、彼女にバレてしまうことが多いですよね?

 

人は、嘘つくときには目線が泳いでしまう、鼻をぴくぴくと動かしてしまうなど

 

非言語コミュニケーションのところで、本心を語ってしまうのです。

 

特に、女性は非言語コミュニケーションを読む力がすごい。

 

だからとっさに彼女に嘘をついた場合は、ばれることが多いんです。

 

 

人間は嘘をつく生き物なので、相手の非言語コミュニケーションをみる

 

どんだけあなたが、信頼している人であっても、嘘はつくものです。

 

その嘘が、いいものか悪いものかは分かりませんが、もしあなたが嘘と見破りたいのなら、

 

相手のしぐさや動作を観察する必要があります。

 

感情というものは、なかなか隠せません。

 

驚き、怒り、悲しみ、嫌いといった表情は、刺激によって生まれた

 

不随意運動であり、意識ではなかなかコントロールできません。

 

だからこの人口では、自分のことを好きだといってくれるのに、距離をとるなーとか目線が泳いでいたりとかする場合は、本心は違うのかもしれません。

 

 

全てを疑う必要はありませんが、クリティカルシンキングを持つことで、面倒なやっかいごとに巻き込まれずにすみます。