営業で培うメンタルはかなり武器になる。

スポンサーリンク
考え方
スポンサーリンク

テレアポをして3ヶ月が経ち、来る日も来る日も社長に電話をかけ続けた結果、僕のメンタルもかなりレベルアップしてきました。

 

最初は、怒鳴られたり、冷たい対応をされる度に、どーんと落ち込んでいましたが、最近は、「しゃあねぇ、しゃあねぇ!、次いこ!」とへこたれなくなりました。

 

押し売りをしているわけでもないのに、多くの人にとって、営業の電話は、あまり嬉しいものではないみたいです。

 

まあ確かに、僕も自宅に営業の電話がきても嬉しくはありませんが(笑)

 

でも自分が経験したので、営業に冷たい態度はとらないようにしたいと思います。まして、営業がいないと流通は活発化しませんからね。

 

人見知りには、ぜひ一度営業経験した方がいい。

個人的に思うことですが、人見知りの人は短期間でも営業をしてみたら、いい経験になると思います。

 

僕もどっちかというと、人見知りの方ですが、営業を通じてかなり改善しました。

 

「怒られたら、どうしよう?」

 

「相手も嫌がっているよな?」

 

「今お昼だし、忙しくないかな?」

 

最初始めた頃は、電話をかける前から、自分で断られる理由を考えて、自分でどんどん電話をかけづらくしていました。

 

「たらればで考えてしまう。」ということが、コミュ障の主な原因です。

 

こうすると相手に嫌われるんじゃないか?というマイナスの思考を増大させすぎて、話しかけることができなくなっていることがコミュ障の人にはよくあります。というか僕はそうでした。

 

この思考プロセスを直すには、本読んだり、セミナーに通うのでは、到底直せません。

 

半強制的にやらざるを得ない環境に身を置くこと。

 

これが一番手っ取り早いと思います。

 

その環境の一つが、営業という職業です。

 

人はなんの職業につくしろコミュニケーション能力は欠かせませんが、これほどコミュニケーション能力を鍛えられる職業もないと思います。