ヤンキーの溜まり場で有名なドン・キホーテの社長から学ぶ、他人の立場に立って考えることの大切さ

スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク

ドンキホーテHD社長「私からの要望」ではなく、 「相手の要望」に話を変える

ドンキホーテHD社長「私からの要望」でなく「相手の要望」に話を変える
「自分が何を言いたいか」ではなく「相手が何を聞きたいか」を考えて話す。流通業においても、見るべきものは自分の店舗ではなくお客様。

 

昨日見た記事ですが、含蓄に富む記事だったので、紹介します。

 

ヤンキーの溜まり場で有名なドン・キホーテの社長のインタビューです。

 

『社長もオラついてる人なのかな?』と思いきや、とてもいい話を言っていますね。

 

興味があればみてください。

大人になったら注意してくれる人なんていない

 

インタビュー記事にも書いていますが、自分中心ではなく、相手がいて初めてサービスは成り立つ訳ですから、相手の立場に立つというのは、ほんとに大切です。

 

職場にいませんか?

 

言葉遣いは綺麗でも、話の節々から、自慢話というか、自分を出したがる人とか。

 

本人は気付いていないのかもしれませんが、周りからは、陰で煙たがれている。

 

大人になったら誰も注意してくれません。

 

うざい人には、みんななるべく近づかないですよね。

 

だから自分で注意するしかない。

 

常に相手の立場に立って考えておかないと、自分よがりの行動を取ってしまいますからね。

 

口では簡単に言えますが、人の立場に立って考えるってかなり難しい。

 

でも人から好かれる人っていうのは、常に相手の立場に立って考えることを習慣にしています。

 

そしてそういう人の周りには、いい人が集まり、結局自分が幸せになる。

 

遠回りなようで、他人の立場で考えることは、一番幸せになるのに近道な考え方だと思います。