公務員より待遇のいい民間企業はあるのか!?大学教員、ルート営業!?

スポンサーリンク
公務員
スポンサーリンク

こんにちは!

公務員の待遇については以前記事を書いていましたが、公務員より待遇がいい民間企業ってあるのか??書いてみました!

公務員は待遇がいい職業の代表となっていますが、もっといいとこはないのか?

世の中にはホワイト企業ランキングなるものがありますが、大企業ばかりなのであまり約にたちません。

優良(ホワイト)企業ランキング1位~3737位の会社一覧【2020年10月最新版】人気で一流なところからマイナーなところまで!(日本全国・全業界)
優良(ホワイト)企業ランキング3737社分の会社一覧です。全都道府県の上場企業3737社から、優良企業・ホワイト企業をランキング形式で見れるだけでなく、働く人にとって大切な優良度をチェックするために、会社ごとの平均年収・年収推移・平均年齢・勤続年数・従業員数などを一覧でチェックできます。安定した会社や一流企業を探してい...

今日は僕が転職する際に気をつけたことと、待遇がよさげな業界、職種について話をしたいと思います。

これから転職を考えている人、待遇良さそうだから公務員を目指していたけど、公務員試験受験するほどモチベがない人に読んで欲しいです!

どの職種が楽なのか?

一般的な楽な職種でいうと事務職 ですが、会社の社風にもよりますが、僕が良いと思うのはルート営業だと思います。

事務職というのは基本的に会社の裏方ですから会社からノルマを課されることはないので精神的には楽だと思います。ただ事務職はずっと会社にいて決められたことをこなす雑用的な仕事が多いので、責任はないけど業務量的に楽ではないかもしれません。

ルート営業に関しては、営業って基本数字を求められる業種ではありますが、会社によっては本当サボりまくれる会社はあります。僕の友人でもルート営業はいますが

営業と称して漫画喫茶行く人とかもいますし、地方のメーカー営業では頑張らなくてもある程度自動的に数字つくれる得意先がいるとかもあります。

確率論ですが、全国に部署がない中小企業のBtoBメーカーは楽なイメージで、

全国に視点あって管理がちがちなところでは社用車にGPSについてる+報告厳しいところだと楽さは微塵もないですね(笑)

あとルート営業は結構な確立で接待があるので、お酒嫌いな人はきついかもしれません。

業界で待遇がいいところというと、

まず当たり前かもしれませんが、3k業界はきついので省きます(笑)

業界で待遇がいいので一番聞くのは私立学校の事務か独立行政法人が鉄板ですね。

私立大学職員はよく言われることが、誰でも年収1,000万円に到達しながら、夏休み&冬休みは各2週間で合計1ヶ月以上あるということですね。年功序列なのでノルマもありません。

後はよく公務員だと「国の税金使いやがって」みたいな批判がされますが、私立大学だと批判受けにくいですからね。

今後生き残りそうな大学の事務職員を目指すというのもありなんかなと思います。

自分が待遇面で一番気にしていたのは残業があるかないか

僕の場合は場数を踏みたいという理由で転職をしたので、あまり待遇は意識していませんでした。速攻本題とずれてすみません(笑)

ただ待遇面で一番気をつけていたことは、拘束時間が少ないところを探していました。

副業であったり、家族と過ごす時間が絶対条件なので、残業が恒常的にある会社だけは避けようと必死でした。

残業は美徳と考えている会社はまだまだ多いですが、僕が残業だけは絶対否定派です。

入社前に残業が多いかどうか分からない人もいると思いますが、就職サイトにアットホーム感出ているところ、ソフト面をめっちゃ押している会社[やる気ある人大歓迎 等]は残業は多いです。

後は、一次面接しかないところも大体残業時間は大目ですね。

結局は人それぞれ何を選ぶかということが一番大事なのかと思います。

最後きれいごと的に締めますが、

待遇がいくら良くても、結局人間関係クソだったり、自分のやりたくない仕事であればきついし、待遇ちょっと悪くても人間関係良くて自分の好きなことなら続けることが出来るので、

自分の求めるスキルが手に入るかどうかで仕事を選んだらいいと思います。

個人的に職場に求めるものは独立して生きていくために必要なスキルを身につけることができるかどうかという点を一番重視しています。

人それぞれ目指すところが違うと思うのですが、これを読んでいるあなたにも個別の目的が必ずあるはずなので。

転職をする際はそこをまず思いっきり考えて欲しいと思います。

最後に広告

以前記事にもしましたが、自分を知る一つの材料で

心理統計学を基にした特性診断]

とかありますので、そういったツールを使うとか、親しい友達に自分のことをどう思っているのか聞いてみるのも良いと思います。

それでは!