山奥の極寒地に住んでいる僕がオススメする自宅で使える防寒具NO、1は人型寝袋レビュー(電気代削減!)

スポンサーリンク
役に立つアイテム
スポンサーリンク

自宅の寒さに悩まされているすべての人に今日は解決策を持ってきました!(笑)

僕山のふもとに住んでいるので秋ごろにはもう、暖房をつけずには過ごしていられない日も出てくるんですよね。。。

寒すぎとすぐに布団に包まってしまい、何にも出来ないんですよね。。

だから冬は異常に生産性が低くなってしまいます。。

そんな寒がり+酷寒の地に住んでいる僕が最強の防寒具を見つけたので、今日はシェアしたいと思います。

これマジで便利で最近買ったものの中では一番いいですね。

ちなみに電気も使いませんので電気代の心配も皆無です。

僕は家族と過ごす時は普通に暖房付けますが、一人で過ごす時はなんかもったいない気がして暖房をつけれません(笑)

そんな貧乏性が選ぶ最強の防寒着です!

人形寝袋が最強すぎる

もうタイトルに出てますけど、最強の防寒具とは、人型寝袋のことです。

これマジで暖かいですし、使い勝手が良いです!

寝袋というとキャンプの際に使う物というイメージがあるかもしれませんが、この人型寝袋は自宅でも歩けるし、手のところもチャックがついていて日常生活でも支障なしで使えます!

人型寝袋のメリット

人型寝袋のメリットを羅列していくと、

・緊急時・災害時の防災グッズにも使える!

・表地は、 撥水加工生地を使用していて汚れが取りやすい

中綿は、 軽くて暖かい特殊繊維の「ホローファイバ」をたっぷりと詰め込んで、全身が布団に包まれる感覚。

↑画像はAMAZONから

・ファスナーを開くことで手と足を出すことが可能。
食事など、手先を使った作業や、靴を履いて外に出ることが可能となる。

・ダブルファスナー設計:上下、内外側どちらからでも開閉でき、温度調節でも簡単。

見た目はアルマゲドン的な宇宙服みたいな格好ですけれども、普通に動けるって思った以上に恩恵あるんですよね。

特に自分が良いと思ったところは、毛布とかだと動けなくてちょっとお茶取りに行きたいとかそういうのが億劫になりますよね?

人型寝袋なら大丈夫です。そのまま動けます。

僕もこの人型寝袋と出会う前は「着る毛布」を使っていたんですが、言うて「着る毛布」は薄いし、どうしても足元 が寒いんですよね。

人型寝袋の場合は足先まで暖かいので、底冷えにも十分対応できます!

人型寝袋は熱で出た時に最大の効果を発揮する

余談なんですが、僕この前高熱が出て自宅で寝てたんですね。

高熱の時って間接の痛みがひどくて眠れないし、頭はがんがんして横になってられないときってあるじゃないですか?

ただでさえ寒い自宅なのに高熱出てる訳なので、今までだと布団に包まるしか方法がなかった訳ですよ。

でもその時は人型寝袋があったので、すげー助かりました。

人型寝袋って体感でいうと、毛布一枚+掛け布団一枚包まった状態で歩けるわけですから、高熱で横になるのもつらい時でも

気軽に椅子に座ることが出来るんですね。

その時以来人型寝袋は冬欠かせません(笑)

デメリット 唯一の弱点は首と手

本当に人型寝袋オススメなんですが、一応弱点もあります。

構造上首元が少し空いているので、真冬日なんかマフラーかネックウォーマーがいるかもしれません。

自宅で使うならこのネックウォーマーが使い勝手いいと思います。

ボタンが付いていて上から被らなくてもつけれるので、化粧や整髪剤つけている人でも気にならないです。

後手元。人型手袋は手元にチャックが付いているので寝るときとかはしめればいいのですが、

しめると全く何も持てませんので本当ドラえもん状態です。

と言うわけで何か作業をする場合は指先が出ている手袋とはあった方がいいと思います。

最近USBに繋いで温める手袋があるんですね。思ったより暖かいのでPC作業時はこれ使っています。これならそんなに電気代かからないですしね。

まとめ

いかがでしたでしょうか 今日の記事の結論としては

  • とりあえず寒がりな人は人型寝袋買っておけ。
  • 首元と手首は別途用意必要。

って感じですね。

人形寝袋は気軽に使えるという点と、動きまわれるというところが最大のメリットだと思います。

いうてそこまでたかいものでもないので。是非使ってみてほしいなと思います。

もうそろそろ本格的な冬が近づいてますので、防寒着の用意はお早めに!

それでは!