2020年の民間企業と公務員の夏のボーナスの動向について。コロナの第2波が発生したらどうなってしまうのか?

スポンサーリンク
お金
スポンサーリンク

緊急事態宣言が解除され、新型コロナウイルスの感染者数も減ってきていますが、
皆さんいかがお過ごしでしょうか。

テレワークが解除される会社も増え出社する人も増えている人もいますが、
そろそろきますね。ボーナスの時期が!!

経済状況の悪化を受けて、収入面が下がった、これからの生活が不安といった声も数多くあがっています。

そうした中、今年はボーナスを貰えるんだろうか?と不安に感じている方もいるのではないでしょうか。

今回は、2020年夏のボーナス支給時期やコロナの影響について、複数の予測レポートをもとに解説していきたいと思います。

ボーナスはいつ貰える?公務員と民間企業の違い

公務員の場合夏のボーナスは、6月30日。民間企業の場合は、6月~7月上旬が多い傾向があります。

民間企業は就業規則に支給時期を定めているので気になる方はご自分の会社の就業規則を調べてみて下さい。


ちなみに僕の会社では通常であれば給料日と同じ日にボーナスが支給されています。

民間企業、公務員の平均ボーナス支給額は?

三菱UFJリサーチ&コンサルティングによると、民間企業の一人当たり支給額は352,366円。

昨対でー7.6%と大幅減少となる見通しで、これはリーマン・ショックが起きた2009年の減少幅-9.8%に匹敵するといわれています。

一方、国家公務員の2020年夏のボーナスは、687,600円と前年比1.3%と増加。

なんで公務員増えてるねん!と思う方もいるかと思いますが、これはからくりがあって

昨年のボーナスが夏よりも冬の方が支給額が多かったので、今年の夏のボーナスは夏と冬のボーナスを均等に支給しようとした結果、相対的に昨年よりも夏のボーナスが増えただけなので、

 

実際には去年とトータルでは同額です。

ただ公務員の給与やボーナスは、民間の支給実績と比較して民間準拠で決められていますので今後経済状況に応じて減っていく可能性があります。

コロナの影響で中小企業はボーナスはなくなる!?

新型コロナウイルス感染拡大の影響によって、知っての通り2020年夏のボーナスは大幅減少になる見通しです。

特に中小企業は大手企業と比べて、今期の業績がボーナスに反映するところが多いので、大幅減額、最悪0になる可能性が高いですね。


特に外食産業、観光事業の中小企業はもろに影響受けているのでボーナス0のところがほとんどでしょう。

製造業などは前期の業績でボーナス額を支給しているところが多いので今年の夏のボーナスはもらえるところが多いようです。

ボーナスだけではなく、残業代、交通費のカットも出てきているところもあります。

実際僕が今勤めている会社は外食産業なのですがボーナスカットが決まり、交通費のカットのために非営業のテレワークを決定しました。

 

コロナウイルスの第2波が発生したら?

2020年4月に倒産した企業は1万社と言われています。
また今後5月、6月はそれ以上に倒産する企業が出てくるといわれています。

 

この経済状態って本当に異例で緊急事態宣言が明けたとして、
今後もし第2波が発生したとしたら今の予測異常に倒産する会社が出てくるでしょう。

 

1900年代に同じく流行したスペイン風邪は第1波の1年後に第2波が発生し、第2波の方が死者数が多かったと言われています。

 

不安を煽るわけではないですが、まだまだ予断は許さない状況であることは間違いないので、

 

個人的にも苦手ではありますがマスクの着用、手洗いうがいの徹底等は続けていく必要がありますね。

まとめ

・民間企業の全体のボーナス額は昨年と比べー7.6%減

・公務員については去年と同額。ただし民間準拠なので、今後は下がる可能性あり。

・そもそも中小企業はボーナス自体0のところも多い

・ボーナスカットどころかコロナの第2波が発生すれば倒産する企業がどんどん出てくる


暗い話題になってしまいましたが、いかがでしたでしょうか。

 

外食産業、医療業界、様々な立場の方が大変な思いをされている状況なので、
簡単には言えないことですが、このピンチな状況だからこそ動いている人たちもいてて、

実際に今新しい仕事として家賃交渉の代行会社が出たり、M&Aが活発になったりと
市場が活性化しているところはあります。

 

人生を豊かにするためにどうすればいいのか。

どんな状況でも軸を持って行動していけば道は開けるかと思います。

それでは!