(Airbnb)英語も話せないですが、自宅で民泊をしてみました。

スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク

今流行りの民泊を始めました!

 

Airbnbというのは、今世界的に大流行している民泊情報を掲載しているサイトです。

 

海外旅行によく行く人は、利用したことがあるのではないでしょうか?

 

ホテルよりも安く、現地の人と交流もできるので、好んで使っている人も多いみたいですね。

 

今回僕は、旅行者側ではなく、ホスト側でAirbnbを利用してみましたので、つらつらAirbnbについて書いていきたいと思います。

 

英語も話せない、サービス業も経験のない夫婦でもできた!

 

僕と妻は、二人とも英語もできませんし、ホテルなどでサービス業を経験したこともありません。英語は中学生レベルの単語くらいしか言えませんし、おもてなしの心もそこそこしかありません。

 

それでもネットで情報を集め、自分達なりに試行錯誤したことで、旅行者の方にきてもらい、喜んでもらうことができました。

 

大事なのは、英語とかテクニックではなく、気持ちの部分なんですねー。

 

ざっくりAirbnbの流れを説明すると

 

1家を用意する(僕の場合は、自宅でやりましたが、Airbnb用に家を借りる人もいます。家の掃除やアメニティの用意など、旅行者が喜んでくれるような用意をします。)

 

2Airbnbに自分の家の情報を掲載する(家の大きさ、宿泊可能日、家のルール、家の写真などなど)

 

3旅行者の予約を待つ(気長に待ちましょう)。

 

4旅行者の予約が入ったらメールでやり取り(自己紹介、誰と一緒に来るのか、何時にチェックインするかなどなど。→メールは基本英語ですが、僕はほぼGoogle翻訳です(笑))

 

5旅行者との対応(僕の中学生英語でもなんとかコミュニケーションできました!完全に出川流英会話です(笑))

 

Airbnbをして得られたもの

 

やっぱり一番の収穫は異文化の人と話せることです。

 

この前はニューヨークから旅行者がきてくれたんですが、現地の色んなことを教えてくれました。ニューヨークではイベントがいっぱいあってコミコン(コスプレイベントのことみたいです)が今流行っているとか。ニューヨークはマヨネーズが高いとか。

そんな話、会社の上司からは絶対に聞けない話ですので、とても新鮮で楽しかった。

 

現地の人の話を聞くことって、ふつうに日本で暮らしていたらなかなか聞けないことなので、そういう違う文化に興味のある人は、めっちゃ楽しいと思います。

 

ただまあ僕のリスニング力が低いため、3割くらいは分からずにうんうんと頷いてました。。そこだけが無念です。

 

Airbnbをこれからやろうと思っている人へ

 

とりあえずやろう!

 

としか言えません。

 

もちろんAirbnbは家の用意や、家具の用意、英語力やコミュニケーション能力など、初期投資がいりますが、意外になんとかなると思います。

 

聞いた話ですが、Airbnbをやりたいから家を無料で貸して欲しいとblogで呟いていたら、本当に家を貸してもらい、その家でAirbnbをしている人もいるとのこと。

 

要は工夫次第でなんとでもなるんですね。

 

失敗しても笑い話になるだけ。

 

挑戦しなかったら、笑い話にもなりません。

 

やらなかった悔しさしか残りませんからね。